東京オリンピック(五輪)2020の日程(開会式,開催日,開催期間)とあれこれ

 

2020年東京オリンピック(東京夏季五輪)の日程(開会式,開催日,開催期間)

 

 

 

2020年日本東京で開かれる東京オリンピックはアジアで4番目に
開催される夏季五輪であり、1964年の東京オリンピック以降2度目、
56年ぶりの東京開催となります。日本では冬季五輪を合わせると
4度目の開催となります。同じ国、同じ都市で再び
夏季五輪が開催されるのはアジアでは東京が初めてです。
又、2018平昌冬季オリンピックに続いて連続でアジアで
開かれるオリンピックでもあります。(2012年北京冬季五輪決定で3連続)
開催日は2020年7月24日(金)。開会式は午後8時から
新国立競技場(オリンピックスタジアム)で開かれますが、
22日(水)に行われる福島でのソフトボールの試合で
オリンピックの幕が開けます。
開催期間は7月24日から8月9日(日)で、
閉会式は同じく新国立競技場で8月9日午後9時から始まります。
また、パラリンピックは8月25日(火)から9月6日(日)までの
会期となります。

 

 

 

ブラジル・リオ五輪の閉会式で公開された東京五輪のプロモーション動画。

 

 

 

2020年東京オリンピック(東京夏季五輪)の各種目日程(変更の可能性あり。)

 

 

 

アーチェリー:(7月)24日~(8月)1日(夢の島公園)
陸上競技:31日~9日(新国立競技場、皇居外苑<競歩>)
バドミントン:25日~3日(武蔵野の森総合スポーツプラザ)
バスケットボール:25日~9日(さいたまスーパーアリーナ)
ボクシング:25日~9日(両国国技館)
カヌー:26日~31日/3日~8日(葛西臨海公園、海の森水上競技場)
自転車:25日~9日
(有明BMXコース(BMXフリースタイル,BMXレーシング)、
伊豆ベロドローム(トラック)、
伊豆マウンテンバイクコース(マウンテンバイク)、
武蔵野の森公園(ロード)[ロードレース(スタート)」、
富士スピードウェイ(ロード)[ロードレース(ゴール),個人タイムトライアル] )
馬術:25日~8日(馬事公苑・ 海の森クロス カントリーコース)
フェンシング:25日~2日(幕張メッセ)
ホッケー:25日~7日(大井ホッケー競技場)
サッカー:22日~8日
(新国立競技場、東京スタジアム、
札幌ドーム、宮城スタジアム、
茨城カシマスタジアム、埼玉スタジアム2002、
横浜国際総合競技場)
ゴルフ:30~8日(霞ケ関カンツリー倶楽部)
体操:25日~9日(有明体操競技場)
ハンドボール:25日~9日(国立代々木競技場)
柔道:25日~1日(日本武道館)
近代五種:6~8日(東京スタジアム、武蔵野の森総合スポーツプラザ)
ボート:24日~31日(海の森水上競技場)
7人制ラグビー:27日~1日(東京スタジアム)
セーリング:26日~5日(江の島ヨットハーバー)
射撃:25日~3日(陸上自衛隊朝霞訓練場)
シンクロナイズドスイミング:2日~7日(オリンピック アクアティック センター)
卓球:25日~7日(東京体育館)
テコンドー:25日~28日(幕張メッセ)
テニス:25日~2日(有明テニスの森)
トライアスロン:27日~1日(お台場海浜公園)
バレーボール:25日~9日(有明アリーナ)
ウエイトリフティング:25日~5日(東京国際フォーラム)
レスリング:2日~8日(幕張メッセ)
ビーチバレー:25日~8日(潮風公園)
水泳(マラソン):5日~6日(お台場海浜公園)
飛込:26日~8日(オリンピック アクアティック センター)
水球:25日~9日(東京辰巳国際水泳場)
競泳:25日~1日(オリンピック アクアティック センター)
野球・ソフトボール:22日~8日(横浜スタジアム、福島あづま球場)
空手:6日~8日(日本武道館)
スポーツクライミング:4日~7日(青海アーバンスポーツ会場)
スケートボード:26日~6日(有明BMXコース)
サーフィン:26日~29日(釣ヶ崎海岸)

(2018-08-07更新)

 

 

 

2020年東京オリンピック(東京夏季五輪)のあれこれ(随時更新・追加)

 

 

 

・東京は2013年9月7日にアルゼンチンの
ブエノス・アイレスで開かれた国際五輪委員会(IOC)
第125回総会でトルコのイスタンブール、スペインの
マドリードを制し、開催地として決定されました。

 

 

 

・2020年東京夏季オリンピックのメインスタジアムは
1964年東京オリンピックのメインスタジアムとして使用された
国立霞ヶ丘陸上競技場を建て直して建設される
新国立競技場(別名:オリンピックスタジアム)です。

 

 

 

・会場は内陸部の「ヘリテッジゾーン(1964年東京オリンピック
当時の競技場を利用)」と臨海部の「東京ベイゾーン」に分けられ、
各種目が実施されます。

 

 

 

・一度は実施競技から外されたレスリングが2013年9月8日の
IOC総会で追加されることが決定しました。従って
2020年東京夏季五輪の実施種目にレスリングが再び加わります。

 

 

 

・2020年東京五輪で野球・ソフトボール、
空手、スケートボード、スポーツクライミング、
サーフィンの5競技18種目が追加種目となることが
2016年8月3日(日本時間4日)、正式に決まりました。
リオデジャネイロで行われた国際オリンピック委員会
(IOC)総会で採決が行われ、承認されました。

 

 

 

・当初東京ビッグサイトがオリンピックの競技場の一つとして
選定されました。レスリング、フェンシング、テコンドーなどが実施され、
国際メディアセンターとしても活用される予定だったのですが・・
メディアの拠点スペースを確保するために会場変更が必要となり、
2015年6月8日、幕張メッセに変更されました。

 

 

 

・五輪が3回連続アジアで開かれることが確定しました。
平昌(冬季2018年)-東京(夏季2020年)-北京(冬季2022年)の順です。

 

 

 

・大友克洋のマンガ、「AKIRA」で2020年東京五輪を予想していたのが
話題になりました。でもマンガでは第3次世界大戦の勃発により
第32回ではなく第30回という設定です。

 

 

 

・競技場の建設費用が予想以上に膨らんだことで
IOCが韓国との分散開催案(ボート競技)を提示したという話が
一時的にありましたが・・・まぁ無いでしょう。(IOCの揺さぶり?)
(詳しくはこちら

 

 

 

・今回の東京五輪は新築ではなく改築で殆どの競技場を
再活用する見込みです。勿論改築でも莫大な予算が
かかりますが、それでも新築とは比べ物になりません。
オリンピック以降の活用でも有利であり、例えば
2020年五輪でバドミントンと近代五種のフェンシング、
パラリンピックの車いすバスケットボールの
会場として使用される予定の「武蔵野の森総合
スポーツプラザ」なんか位置・アクセスが
微妙なのにも関わらず2017年11月25日に
完成してすぐメインアリーナのこけら落としの
興行として、2017年12月9日・10日にJYJ
キム・ジェジュンのアジアファンミーティングツアー
開催、その後、2018年平昌オリンピック出場選考会を兼ねた
第86回全日本フィギュアスケート選手権開催、
また、2018年1月20日、21日に吉川晃司の
公演が開催されています。
2018年度と19年度には改修工事を行う東京体育館に
代わって全国高等学校バスケットボール選手権大会
(ウインターカップ)、全日本バレーボール高等学校選手権大会
(春高バレー)が開かれる予定です。
オリンピック以降ではなく以前にももう
フル活用されているわけです。
特に東京8区内の施設に関しては赤字に回る可能性は
殆どないと言われています。
五輪バレーボール競技とパラリンピックの
車いすバスケットボール決勝戦が行われる
有明アリーナの場合、総工費約360億円で
完工は2019年12月9日の予定ですが、
お台場に位置しているため五輪開催後にも安定的な
黒字が予想されています。他の殆どの競技場も
オリンピック開催以降、有効に活用されると
見込まれています。

 

 

 

・東京五輪のゴルフ会場である霞ヶ関カンツリー倶楽部が
女性正会員を認めない定款の細則を持っていることが
問題になりました。
女性会員はいたものの正会員としては認められておらず、
女性は日曜日にプレーすることが禁止となっており、
これは男性会員には適用されていませんでした。
これについて小池百合子東京都知事は
「21世紀の時代に女性が正会員になれないのは、
非常に違和感がある」と不満を露わにし、
国際オリンピック委員会(IOC)も五輪憲章が
掲げる男女平等の原則に反するとして改善を求めました。
IOCのトーマス・バッハ(Thomas Bach)会長はこれに対し、
会場の変更もあり得る、とくぎを刺したうえで、
霞ヶ関カンツリー倶楽部に対して「差別しない」ように求めました。
当初、同倶楽部の今泉博総支配人は「女性会員から
不便を感じているという声はない。現状は規則の
変更を考えていない。」とインタビューに応じていましたが、
結局、2017年3月、正会員を男性に限定していた定款の細則を変更、
2018年5月に入って女性正会員3人を登録していたことが明かされました。
同倶楽部はこの決定に対し、都知事の発言や五輪とは関係なく、
「時代の流れだから」とコメントしています。

 

 

 

・2016年(平成28年)8月8日天皇陛下が生前退位を
宣言されたことにより、譲位日が2019(平成31)年
4月30日と決定しました。従って2020年東京五輪・
パラリンピックは2019年5月1日に即位する皇太子さまの下、
新元号で迎えることになります。

 

 

 

・東京メトロは18年3月までに98駅でホームドアを稼働させ、
20年夏の東京五輪開催前までに138駅への設置を予定して
いると発表しました。また、JR東日本は東京、新橋、
横浜、国立競技場に近い千駄ケ谷、信濃町など
20駅について、2020年度東京五輪・パラリンピックまで
ホームドアを設置する予定であることを明かしました。
東武鉄道などの私鉄も2020年度までホームドアの整備を積極的に
推進していくと発表しています。

 

 

 

・2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が
大会の開閉会式の演出に関する「総合プランニングチーム」を
設置しました。メンバーに選ばれたのは映画監督で、
「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどで知られる山崎貴氏、
アニメ映画「君の名は。」などを手がけた映画プロデューサーの
川村元気氏、狂言師の野村萬斎氏、音楽家の椎名林檎さんなどです。

 

 

 

・東京五輪2020委員会が1963年発表され大人気だった
「東京五輪音頭」の2020年度版ミュージックビデオを
制作しました。振り付けも歌詞も2020年度版となっています。
東京パラリンピックのため障害者のための
振り付けも作られました。メイン歌手は原曲を歌った
三波春夫氏が2001年度に亡くなられたため、
石川さゆりさんが担当しました。
他に登場するのは古舘伊知郎、小林賢太郎、竹原ピストル、
加山雄三氏等。

 

 

 

・トーマス・バッハIOC会長が北朝鮮を訪問後、
北朝鮮が2020年東京夏季オリンピックに参加する予定
であることを伝えました。北朝鮮が日本で開かれる
夏季オリンピックに参加するのは今回が初めてです。
1964年度の東京オリンピックには様々な
国際問題により参加しませんでした。

 

 

 

・ある非公式サイトで東京五輪開幕式に出て欲しい
歌手の投票が進行中です。(サイト
2018年8月時点で一位は「One Ok Rock」。
2位が「L’Arc-en-Ciel」。
4位はなんと、「Hatsune Miku」さんです。

 

 

 

・東京五輪では女性の参加を促進するため男女混合の
種目が大きく採用されました。柔道、卓球、
トライアスロン、競泳、陸上、アーチェリー、
射撃で混合種目が採用され、ボクシングやカヌー、
ボートは男子種目を減らした分を女子種目に回しています。
これにより参加選手中女子の割合は48.8%に上昇、
五輪史上最高となる見込みです。
IOCのバッハ会長はこれについて「東京五輪がより若者向きで、
都会的で、多くの女性が参加する大会になることを喜ばしく思う。
魅力的な新種目は五輪に変革をもたらす」と話しました。
女性の参加促進は同会長が主導する中長期改革
「五輪アジェンダ2020」の柱の一つです。

 

 

 

・一番大きく変わるのは水泳。
水泳は男子自由形800メートル、女子自由形1500メートル・
4x100メートルの男女混合リレーが新設されました。
アーチェリーも混合団体戦が新設され、
陸上でも4x400メートルの男女混合リレーが導入されています。
柔道と卓球は、それぞれ混合団体戦とミックスダブルスが、
哲人3種競技(トライアスロン)は男女団体リレーが追加されました。
バスケットボールは「3&3」が、フェンシングでは
男女それぞれの団体戦が、サイクルも
男女BMXフリースタイルパークと
トラック種目の男女マディソンなど4種目が新設されました
射撃も男子種目である50メートルピストルや
50メートルライフル伏射、ダブルトラップが廃止され、
その代わり10メートルエアピストルと10メートルエアーライフル、
トラップなどが混合種目として新設されています。
ボクシングやカヌー、ボート、ヨットなども既存の15細部種目が
廃止され、同じ数の細部種目が新設されました。

 

 

 

・2020年東京夏季五輪の際、外国人観光客に道案内をする
ボランティアの新たなユニフォームが発表されました。
元のユニフォームは舛添前知事が2015年6月に策定したものが
ありましたが(動画)、「ダサい」と酷評する意見が多く、
こうした声を受けて、小池氏が知事になる前から
デザイン変更を訴えていました。
そして新しく発表された東京都の観光ボランティア新ユニホームが
こちら。新ユニフォームのデザインのコンセプトについて、
小池知事は「伝統と革新を表現している」
「ブルーの市松模様で東京の伝統を表しています」と述べ、
江戸・東京を象徴するデザインであると説明しました。

 

 

 

・東京オリンピック・パラリンピックの
オフィシャルパートナーである日清食品株式会社が
キングオブスポーツと呼ばれることもある
「近代五種」を応援するための特設サイトを開設しました。
ま、ここまではニュースになることもない普通の内容ですが・・・
そこで公開した応援キャラクター「ぺんたうるすくん」が
話題に。(ツイート123)
「近代五種」といえば、1人の選手がフェイシング、
水泳、馬術、射撃、ランニングの5競技をおこなう
過酷な種目であり、多様な競技を1人でおこなうことから
「キング・オブ・スポーツ」とも言われています。
欧米では「modern pentathlon(モダンペンタスロン)」と
呼ばれており、「ペンタスロン」は、ギリシャ語で
「5」を意味する「ペンタ」が由来らしいです。
「ペンタウルス」の「ペンタ」部分はここからきていると
いいます。「ウルス」は「ケンタウルス」から。
ま、名前も趣旨も良いんですが、問題はあまり
受けが良くないこと。キモい、という反応が多いです。
小学生100人を対象にしたアンケートでも、
75%が「気持ち悪い」と回答したそうです。(ツイート)
あらまぁ・・・。

 

 

 

カテゴリー: 全体記事 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク